ほくろがあると顔脱毛できない!?

ほくろが顔にある人は顔脱毛することはできないという話をときおり耳にしますが、これは、半分は正解で、半分は間違いということになります。何かひどく中途半端な結論になってしまいますが、簡単に言ってしまえば、そのままの状態で顔脱毛を実施することはできませんが、ほくろを白色テープなどで隠して施術すれば、問題なく施術することができるはずです。

これは、顔脱毛で主に行われるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は基本的にすべてメラニンに対して反応し、メラニンを照射するからです。ほくろという物質は、いわばメラニンの集合体のようなものですから、ほくろがあったまま顔脱毛してしまうとたいへんなことになります。

それを防御するために、白色のテープなどで隠すことによって、何の問題もなく顔脱毛を実施することができるようになるわけです。以上が、ほくろと顔脱毛の関係ということになります。

しかしこの場合、ほくろという不連続的な問題にテープというツールで解決をはかったことになるわけですが、連続的な問題への対処は、その対処の必要の有無の問題を含め、少々やっかいな話であるような気もします。

では、連続的な問題というのはいったいどんな問題なのかというと、これはもちろん、シミやソバカスということになります。

シミ、ソバカスと顔脱毛

シミやソバカスは、加齢や紫外線などが原因で発生する色素沈着の一種ですが、とすると、これはほくろ同様、メラニンの働きが関係していると考えられます。ですから、多くの場合、シミやソバカスがある女性がそのまま顔脱毛の施術を受けることは不可能であるということになります。

ほくろであれば、不連続な問題ですから、テープという割と古典的なツールが有効に作用しましたが、シミやソバカスのように、顔の広い範囲を連続的に覆うような問題に対して対処できるツールは、実際のところちょっと思いつきません。

では、シミやソバカスがある女性は、顔脱毛をあきらめなければならないということになってしまうのでしょうか?この問題について、次のところで解決していきたいと思います。

ハイパースキン方式で顔脱毛が可能になる

顔脱毛の多くが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛によって実施されることになります。このことについてはこれまでにも何度となくお話してきましたので、お読みいただいたみなさんにとっては比較的記憶に新しいところかと思います。

とすると、一般的なエステサロンや美容クリニックの顔脱毛器で、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を実施してしまうと、間違いなくたいへんなやけどを負ってしまうことになります。つまり、一般的なサロンやクリニックでは、シミやソバカスがある女性の顔脱毛の施術は行うことができないという結論になってしまいます。

しかしあきらめるのはまだ早いです。というのも、実はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛以外の方法で、シミやソバカスがあっても問題なく施術できる方法があるからです。そしてその救世主的な方法は、これまで敏感肌やアトピー性皮膚炎に悩む女性にも顔脱毛のチャンスを与えてきた、ハイパースキン方式ということに再びなるのです。

ハイパースキン方式の場合、メラニンに反応してそこにフラッシュ光なりレーザーなりを照射するというシステムは導入されていませんので、シミやソバカスがあったとしても、まったく無関係に顔脱毛することができるのです。もちろんほくろがあったとしても、このハイパースキン方式であればまったく問題ありません。

ただ、どのエステサロン、どの美容クリニックでもハイパースキン方式の顔脱毛の施術が行われるということではありませんので、まずはこの方式をつかうサロンやクリニックを探すところからスタートする必要があるでしょう。

それから、できるだけ万全に近い施術を期すという意味でも、できるだけ事前にしっかりと担当者からのヒアリングやカウンセリングに応じるということが重要であるといえるでしょう。

ということで、シミやソバカスに悩む女性は、ぜひ一度ハイパースキン方式による顔脱毛の施術を前向きにご検討いただきたいと思います。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.