ニードル脱毛(針脱毛)の種類について

ニードル脱毛というと、だいたいみなさんが同じイメージを描くことになりますが、実を言うと、ニードル脱毛にもいろいろな種類があります。もちろん脱毛専用の特殊な針を利用して、その先端をムダ毛の毛根部分に届かせ、そこに電流を流し込むという施術になるのは基本的には同じです。

ただし、実は脱毛の際に使用する針にいくつかの異なる種類があり、これが異なることによって、多少違いが生じるということも考えられます。サロンやクリニックにもよりますが、針の種類によっては仕上がりや痛みの度合い、さらには費用などが多少変わってくることがありますので、そのあたりの条件にデリケートな女性であれば、ある程度気にしておいたほうがよい部分であるとは言えるでしょう。

ではここからは、ニードル脱毛で実際に使用されることが多い針について簡単に説明していきたいと思います。

直流針脱毛

実は、現在ではあまり採用されることが多くないニードル脱毛の種類にはなりますが、しかし従来ニードル脱毛といえば、この方法しかなかった時代もありました。もしかしたら今後衰退してしまうことも考えられますが、ニードル脱毛の歴史をつくりあげた方法であることは間違いありませんので、ここでは簡単に触れておきます。

直流針脱毛では、毛穴深くに差しこんだ針に直流電流を流します。これにより、汗をはじめとする組織液が電気分解され、水酸化ナトリウム(NaOH)が生成されます。このとき生成される水酸化ナトリウムは非常に純度が高く、強アルカリの性質を示します。これによって、ムダ毛の毛根部分を溶かすような効果があり、毛根に大きなダメージを与えることができるのです。

この方法は、ニードル脱毛の中でも草分け的存在であり、その意味では、この方法による効果の高さはすでに実証済みであるといえます。ただし、施術に長時間を要することになるため、かなり強い痛みに耐え続けなければならない脱毛方法でもあるといえます。また、強アルカリの水酸化ナトリウムが発生することからも、やけどや色素沈着といったリスクが比較的高いと考えられる部分がデメリットになります。

高周波針脱毛

直流電流を流す直流針脱毛に対し、交流電流を流すことによって刺激やリスクを軽減させることに成功したのが、高周波針脱毛という方法です。こちらは、交流電流のため、電気分解を伴う施術ではなく、熱で毛根部分を溶かす方法になります。

毛根部分が溶けると、熱して溶解したビニールが再凝固するように、完全にそのムダ毛が死んだ状態にすることができます。こちらの方法のほうが、直流針脱毛よりも1本のムダ毛に対する施術時間がはるかに短く、結果的に痛みも小さく抑えることができることになります。そして、それだけにコストの面でも多少は心臓に優しい額に抑えることができます。

ただ、こちらは交流(高周波電流)を用いるため、毛根を溶解するレベルで熱を加えるとなると、かなりの高出力で行わなければならないことになります。そうなってくると、今度はレーザー脱毛と同じように、一般のエステサロンではできない施術ということになってしまうのです。

ですから、高周波針脱毛の施術を受けるためには、特定の美容クリニックまで行かなければならないという部分が、大きなデメリットとなってしまうことが想定されます。

絶縁針脱毛

絶縁針脱毛に関しては、原理は高周波針脱毛と同じです。高周波電流を流すことによって、ムダ毛の毛根部分に熱を発生させ、毛根を溶かすような形で再凝固させる脱毛方法になります。ただし、高周波針脱毛にくらべても、飛躍的に大きなメリットがあるのが、絶縁針脱毛なのです。

というのも、はじめに触れましたが、絶縁針脱毛では、他の方法とは使用する針の性質が異なるのです。他のニードル脱毛とは異なり、実は絶縁物質のステンレス製の針を挿入して行う脱毛方法なのです。絶縁物質であるステンレスに電流を流すことができるのかと思われるかもしれませんが、ステンレスの場合、完全な絶縁体(ゴムやガラスなど)とは違い、抵抗値が極めて大きい絶縁物質であるという特殊な金属なのです。

ですから、高出力の電圧をかけることによって、微弱な電流がステンレス針を流れ、その先端部分に熱を発生させることが可能になるのです。このあたりが、少々高周波針脱毛とは異なっているといえます。

絶縁針脱毛のメリットは、高周波針脱毛(もちろん直流針脱毛も)に比べると、はるかにその刺激が小さく、痛みも少なくてすむというメリットがあります。時間的にも高周波針脱毛とそれほど変わりません。

ただ、こちらも高出力の電圧をかける必要がありますので、一般のエステサロンなどでは原則施術を行うことができず、やはり絶縁針脱毛の施術を受けたいということになれば、美容クリニックまで足を運ぶ必要があるということにはなるでしょう。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.