原理はIPL脱毛やSSC脱毛とまったく同じ

人気が高いレーザー脱毛ですが、しかし、実は光脱毛と非常に似通ったところがあるといえます。というのも、やはり、脱毛の手法というか、利用する原理がまったく同じだからです。

光脱毛のうち主要な脱毛方法といえば、ここまでで再三お話してきたIPL脱毛やSSC脱毛ということになるわけですが、これらの方法に共通するのは、どちらも、メラニンに反応するフラッシュ光を照射することによって、照射光の発熱を利用してムダ毛を溶かすように脱毛するというところでした。

では、レーザー脱毛はどうかというと、実はレーザー脱毛についても、原理的には上記の方法とまったく同じであるといっても過言ではないのです。レーザー脱毛についても、やはりレーザー光と呼ばれる光を照射し、その発熱によって毛を溶かしつつ、除毛するのです。

では、何から何まで同じなのか?というと、それもまたそんなことはないということになります。そのあたりについて、次のところでお話します。

レーザー光はフラッシュ光よりもエネルギーが大きい

IPL脱毛にしてもSSC脱毛にしても、施術の際に照射する光はフラッシュ光と呼ばれる種類の光です。これに対して、レーザー脱毛のほうは、そのことばのとおり、レーザービームが照射されることになります。

ことばのイメージからも想像できると思いますが、フラッシュ光にくらべると、レーザー光のほうがずっとエネルギーが大きくなります。つまりそれだけ、レーザー脱毛の効果は光脱毛よりも高いということが期待されることになるとも、少なくともこの時点ではいえることになります。

最も大きく光脱毛と異なる点

レーザー脱毛で照射するレーザー光は、光脱毛で照射するフラッシュ光よりも、そのエネルギーははるかに大きいです。それだけに、レーザー脱毛は光脱毛にくらべると、純粋な脱毛という効果という点ではより大きいのではないかと予測されます。

ただ、万一トラブルやアクシデントが起こってしまったとすると、その代償は、よりエネルギーが大きいレーザー光の照射のほうが大きくなってしまうことになります。これも予測というよりは、物理的に考えれば当然ということになるでしょう。

つまりそれだけリスクが大きい手法となるのが、レーザー脱毛であるともいえるわけです。リスクが大きければ大きいほど、施術サービスを提供する側からすれば、よりハードルが高いということになります。

つまり、一般のエステサロンでは、レーザー脱毛の施術を行うことができないということになります。一般のエステサロンというのは、レーザー脱毛を施術する資格がある医師が在籍していない場合ということになります。

ですから、原則としては、レーザー脱毛を行うのは、一般のエステサロンではなく、美容クリニックなどの医療機関でなければなりません。そうは言っても、けっこうエステサロンで施術しているところも多いという話は耳にしますので、正直そういうところで施術を受けるのは、あまりおすすめできないといわなければなりません。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.