家庭用脱毛器には大きく分けて3つの種類がある

近年多くの女性が目を向けるようになってきつつある家庭用脱毛器ですが、どの脱毛器を購入しても同じということは決してありません。もちろん、スペックや価格、さらにはデザイン、機能性など、家庭用脱毛器それぞれにも個性のようなものがあるわけですから、これはある意味当然のことと言えるでしょう。

ただ、そうした家庭用脱毛器個々の性能ということではなく、もっとシンプルに、脱毛に至るまでのプロセスやアプローチの方法からしていくつか種類があるといえるのが、現在の家庭用脱毛器の事情です。実は、家庭用脱毛器にも、擬似レーザーと呼ばれるレーザー光線を用いるレーザータイプのものと、フラッシュ光による光脱毛タイプと、そしてもうひとつ、サーミコン方式と呼ばれるタイプの、大きく分けて3つの種類に分けることができます。

ここでは、そうした観点における家庭用脱毛器の種類分けのようなことをしていきたいと思います。

レーザータイプの家庭用脱毛器

レーザー脱毛は、ふつうのエステサロンでも専用のマシーンを導入することが法律上許されていません。ですから、家庭用脱毛器に美容クリニックで施術するようなレベルのスペックを求めることは当然できません。

しかしながら、いわゆる擬似レーザーを用いることによって、レーザー脱毛に近い効果を得ることが、家庭用脱毛器であっても可能であることはあるのです。しかも、実を言うとこのタイプの家庭用脱毛器が、歴史的には一番古いことにもなります。

美容クリニックなどで実施することができるレーザー脱毛の場合、広範囲を比較的短時間で除毛することができますが、しかし家庭用脱毛器の場合、どうしてもそのあたりで本家レーザー脱毛器からは見劣ってしまうと言わざるを得ません。

ただ、原理的にはほぼ同じなので、時間をかければ広い範囲でも除毛することは十分可能であるといえます。そして、痛みもレーザー脱毛と変わらないレベルで痛いという意見が多いことから、パワーは小さいものの、やはりムダ毛にダメージを与えて引き抜くというのは痛みを伴うことであるといえるでしょう。

フラッシュ光タイプの家庭用脱毛器

レーザー脱毛とIPL脱毛(光脱毛)は似たところがあるということを再三お話してきましたが、これは、脱毛の仕組みが似ていることから、もたらされる結果が非常に似通ってくるということを意味します。ただ、脱毛への達成感、満足感という意味では、パワーが強いレーザー脱毛のほうが大きくなります。

フラッシュ脱毛の場合は、レーザー脱毛と同じレベルで除毛された状態に見えるようになるのには時間が必要になるという特徴があります。ただ、はっきり言って、ある程度長い目で見れば、フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も効果は同じといえます。

そして実は、家庭用脱毛器においても、このことはほぼ同様であるといえるのです。しかも、IPLというライトの特徴は、ある程度肌との距離を広げて照射することで、(擬似)レーザーよりも広い範囲に光が拡散するという特徴があります。それゆえ、家庭用脱毛器に限って言えば、多少レーザータイプよりもフラッシュ光タイプのほうがメリットが大きいといえるのです。

ということで、3つある家庭用脱毛器の中では、フラッシュ光タイプが一番おすすめできるのではないかと、個人的には考えています。

サーミコン方式の家庭用脱毛器

もしかしたら、ちょっと耳慣れない方式の家庭用脱毛器ということになるかもしれませんが、この方式は、簡単に言ってしまえば、熱エネルギーによってムダ毛を焼いてしまえという方法になります。

光ほどエネルギーが大きくなりませんし、正直、レーザータイプやフラッシュ光タイプにくらべると、この方式は性能そのものが劣っている場合が多く、高い効果をこの方式に見込むのは少々酷であるといえます。

ただ、カミソリで剃るのにくらべれば、多少はサーミコン方式の家庭用脱毛器を利用するメリットはあるといえるかもしれませんが、その程度のメリットのために、わざわざ家庭用脱毛器を購入する必要があるのかと言われると、少々疑問ではあると言わなければなりません。

まだまだ他にも種類がある家庭用脱毛器

あくまでも主流となると、家庭用脱毛器というジャンルにおいては、上記の3タイプがそれに当たりますが、それ以外にも、なかなか人気が高い別タイプの家庭用脱毛器もあることはあります。その代表となるのが、バジル方式と呼ばれる家庭用脱毛器です。

こちらは、非常にデメリットが小さいことで知られるハイパースキン方式という脱毛方法にヒントを得た方式になります。とはいえ、正直な感想を言えば、あくまでもハイパースキン方式からヒントを得たというだけであって、あそこまでの高い効果を期待するのはかなり無理がある、というレベルの性能になります。

そういった意味でも、家庭用脱毛器を利用するということであれば、やはり上記に挙げた主流の3タイプが無難であるといえるのではないか、という気がします。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.