ハイパースキンとは

一般的に、光が発する熱をつかって脱毛を行うことが、光脱毛であると思われがちですが、実は、光による発熱だけが光脱毛のすべてではありません。そんなことを言うと、少々イレギュラーな方法ゆえ、ちょっと不安な気持ちになる女性も少なくないかもしれませんが、光脱毛を行う上で一番懸念されるのが、光照射による発熱ですから、少なくとも最もリスキーな部分は回避することができるといえます。

実は、ハイパースキン法についても、IPL脱毛やSSC脱毛などと同じく、光をつかうことに違いはありません。ただ、光の照射による発熱でムダ毛を溶かすといった荒っぽい方法ではなく、もうちょっとハイパーでテクニカルな手法を用いるのが、まさにハイパースキン法なのです。

ハイパースキン法では、特殊な光によって発毛を抑制するという手法を用いるのです。おそらくこの方法のことをご存知なかった人は、ちょっとびっくりするような方法であるように感じられるのかもしれませんが、実際に病院などでも採用されている方法であり、すでに多くの女性がハイパースキン法による施術で脱毛を成功させてきています。

それでは、今回はそのハイパースキン法について少し詳しく説明していきたいと思います。

ハイパースキン法のメリット

ハイパースキン法でも、IPL脱毛やSSC脱毛と同様、光を直接照射して行う脱毛方法ですから、当然発熱がまったくないわけではありません。ただ、発熱を利用する脱毛方法ではないので、安全面は非常に大きいということになります。ちなみに、ハイパースキン法で使用する光の照射熱はほぼひと肌程度、だいたい36℃前後であることが知られています。

この方法の安全性以外のメリットのうち、最大と思われるファクターが、痛みがないということです。熱でムダ毛を溶かすような方法ではありませんので、光のエネルギーはごく小さいものになります。結果的に、痛みはほとんど感じられることがないというのが、この方法の大きなメリットになります。

照射光の温度が低いということがもたらすメリットは、痛みだけではありません。やはりそれだけ肌へのダメージを小さく抑えることができますので、次回の施術までのインターバルを詰めて施術を実施することができるというメリットにも派生することになります。

短期間に集中的にハイパースキン法を実施することによって、特に部分的な脱毛は完璧に近い形の仕上がりを実現することができるのです。この部分も、他の脱毛ではなかなか得ることができないメリットといえるでしょう。

さらに、これはハイパースキン法を実施するサロンや機種にもよりますが、光照射によってコラーゲンを活性化させることができる場合もあります。つまり、脱毛を行いながら同時に肌組織を再生し、美肌効果を得ることができる場合もあるというのが、ハイパースキン法特有のメリットであるといえるでしょう。

ハイパースキン法の不思議なデメリット

人間というのは不思議なもので、求めているものが手に入ると、その瞬間からもっと別の物に強い魅力を感じるようになるものです。そしてまた、どんなに優れているものやことであっても、自分が長年歩んできた経験上に存在しないファクターに出会うと、それを素直に受け入れられないというところがあります。

これはおそらく、特定の人だけではなく、どんな人であったとしても、そういったところを持ち合わせているということになると思います。理由はありません。あえていうなら、それはあなたや私が人間であるから、ということになるのでしょう。

脱毛の際には多かれ少なかれ、何らかのトラブルがどこかで起こっているものですが、実は、ハイパースキン法にまつわるトラブルというのを私はまだ一度も耳にしたことがありません。レーザー脱毛などでは、たいていやけどやシミができたといったトラブルの報告が少なからずあるものですし、また、IPL脱毛やSSC脱毛などでも、日焼けした状態で施術を行ったため、トラブルが発生してしまったというケースはけっこう起こるのです。

ところが、ハイパースキン法に関しては、そういったトラブル系のウワサは現時点で1件も報告されていません。あるとすれば、エステティシャンやドクターの手腕が未熟だったケースや、手法を誤ってしまったというケース以外にはないでしょう。

ただ、ハイパースキン法を体感した女性にお話をうかがってみると、意外な反応が返ってくるのです。すなわち、ほんとうに脱毛されているのかどうか不安になる、といった答え方をする人が意外なほど多いのです。

これは、まったく痛みがなく、また、照射光の温度もひと肌とほぼ同じということで、ほとんど何も感じないまま施術が終わってしまうということになるからこそ自然に発生する感情なのでしょう。

もちろんハイパースキン法は何も不安を感じるようなファクターがない素晴らしい脱毛方法なのですが、それでも不安に感じられることは事実です。そして、不安を感じないという状況にくらべれば、不安を感じるという状況は明らかにデメリットであると言わざるを得ないでしょう。

ですから、ハイパースキン法には非常に不思議なデメリットがあるということになるのです。そして、このような珍妙なデメリットが湧き上がってしまうのも、やはり多くの女性がこれまで、多少なりとも痛みや熱さといったデメリットを乗り越えながら、肌がスベスベになるという快感を手に入れているという経験則があるがゆえのデメリットなのです。

自然発生的に沸き起こる感情ばかりはどうしようもないとは思いますが、痛みや熱さができるだけ発生しない方法を採用したところ、痛みや熱さがないことが最大のデメリットになってしまうというのも、なんだか木乃伊取りが木乃伊になってしまったような話です。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.