光脱毛は永久脱毛ではない

これまでにも再三お話ししてきましたように、残念ながら、光脱毛は永久脱毛ではありません。レーザー脱毛の場合、多くは永久脱毛ということにはなりますが、光脱毛は永久脱毛にはなりません。

レーザー脱毛の場合、照射する光のパワーが極めて強く、エステサロンなどでは施術できません。資格を有している医師が担当しなければ、レーザー脱毛の施術は行うことができないのです。

しかし実際のところ、レーザー脱毛だって、施術したら二度とそこからムダ毛が生えてこないというわけではありませんので、厳密な意味では、そのことばからイメージさせるような永久脱毛とは本来異なっていると考えるべきなのです。

要するに、光脱毛とレーザー脱毛の違いは、照射するパワーの違いだけしかないわけですから、光脱毛が永久脱毛ないなら、普通に考えればレーザー脱毛だって永久脱毛とはなりえないと考えることができるはずです。

ムダ毛を含む体毛が生えてこなくなる原理は、とにかく発毛細胞が深いダメージを負うということが重要であることになります。妙な話ですが、AGA(薄毛・脱毛症)に悩む男性や女性の毛髪がなぜ生えてこなくなってしまうかというと、発毛細胞の成長が止まってしまうからです。その理由は、何らかの原因によって、発毛細胞に深いダメージが及ぶからです。

長い時間をかけることに意義がある

しかし事実として、光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、1回の施術によってその部分の発毛細胞はほぼ完全に死んでしまいます。そうなれば、少なくともその部分からは再び発毛する可能性は小さくなります。

しかし、光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、1回の施術でダメージを負わせることができる細胞の数はあまりにも小さいと言わざるを得ません。したがって、何度も何度も脱毛を重ねることによって、徐々にムダ毛が薄くなっていくということは十分考えられます。

ですから、気の遠くなるような時間をかければ、いずれは永久に脱毛されることになることには違いないですが、しかしこれを永久脱毛ですと宣言するとするならば、これはもう明らかに詐欺のレベルになってしまいますので、そのように公表するわけにはいかないということはご理解いただきたいと思います。

そういった事情から、光脱毛によって永久脱毛することがまったくの不可能ではないにしても、永久脱毛と言うわけにはいかない、というのが実は正しい解釈なのです。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.