日本人の肌には合っているレーザー脱毛

好き嫌いがはっきりする脱毛方法であるということもあって、レーザー脱毛の日本における評価は非常に難しいところがあるといえます。とはいえ、海外の専門家の目からすると、日本人の肌には比較的レーザー脱毛が合うという見解に至るケースが多いように感じられます。

その理由も意外とシンプルで、日本人の肌の色、いわゆる黄色人種というのがその主な理由になっています。というのも、レーザー脱毛の場合、やはりどうしてもメラニンに反応しやすい側面がありますので、メラニン色素がないわけではないものの、それほど多くない黄色人種の日本人の肌には、レーザー脱毛は比較的高い適性を示すのです。

では、具体的にはどういったレーザー脱毛の方法が日本人にはより高い適性を示すのか、といったことについてお話していきたいと思います。

メラニンに作用するタイプが日本人には向く

光脱毛の人気が高い理由は、やはりメラニンに作用して高い効果を発揮するところにあります。というよりも、日本人の肌にはそれが可能であるということが、この方法の人気を支えているといえます。

実はレーザー脱毛についてもこれと同じようなことがいえます。原理的には光脱毛もレーザー脱毛もほとんど同じですから、やはり日本人の肌にはレーザー脱毛が合っているということになります。それゆえ、レーザー脱毛の中でも、メラニンに作用するタイプの脱毛方法、あるいは脱毛器を導入している医療機関は非常に多いです。

メラニンに作用するタイプのレーザー脱毛器は、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーの2タイプということになります。また、メラニンに作用するタイプではないものの中では、YAGレーザーを導入している美容クリニックが多いです。

なぜダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーが人気なのか

もちろん、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーが日本人の肌には合っているからという理由で人気が高いことになるわけですが、それだけではありません。何といっても、これらのレーザー脱毛であれば、痛みを最小限に抑えることができる、という点で多くのユーザーから支持を集めているということになります。

レーザー脱毛の中には、麻酔をしなければならない方法もけっこうたくさんあります。特に、初期のレーザー脱毛器の多くが、麻酔をしてから施術しなければならなかったという過去の事実がありました。しかし近年のものでは、もちろん麻酔をするケースも多いですが、これはどちらかといえば、念のためといった部分が大きいように感じられます。

ダイオードレーザーにしてもアレキサンドライトレーザーしても、原則麻酔は必要ありません。ダイオードレーザーの場合は、メラニンへの照射効率が非常に高いという特性があります。つまり、痛みを感じる部分への照射がほとんどないことで、麻酔の必要はないのです。それだけ脱毛の精度も高いということに当然なります。

アレキサンドライトレーザーについてもダイオードレーザーと同様のことが言えますが、こちらは、脱毛以外にも汎用性のある脱毛器が登場しており、実はそちらのほうの人気も高いということで、相対的にはもしかしたら日本で一番人気の高い脱毛方法、あるいは脱毛器ということになるのではないでしょうか。

ちなみにアレキサンドライトレーザーでは、脱毛以外にどんな効果が見込めるのかというと、たとえば、タチの悪いニキビ治療にも大きな効果を発揮すると言われていますし、また、シミやアザといった、目立つ肌のトラブルの治療にも用いられるということで、多くの女性がアレキサンドライトレーザーに注目を集めています。

ですから、あくまでもレーザー脱毛器という意味では、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーが日本人には最も合っていると言え、特にアレキサンドライトレーザーに関しては、レーザー脱毛だけではなく、いわゆるレーザー治療という観点でも、多くの日本人女性から大きな期待が寄せられている機器であるといえます。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.