夏の時期の脱毛は難しい

夏の時期の脱毛は難しいと言われることがあります。というのも、夏にはどうしても肌の露出が増え、強い紫外線にさらされてしまうために、日焼けしてしまうことが多いからです。一般的には、日焼けした肌に脱毛を施すのは難しいとされます。

しかし考えてみれば、肌の露出が多いからこそ脱毛したいのに、肝心な時期に脱毛できないというのは、なかなかうまくいかないものだな・・・などと思ったりもするのですが、ふつう難しいと言われる日焼け時の脱毛施術がもし可能ならば、女性にとってこんなにうれしいことはないでしょう。

ところが、実は日焼けしていても脱毛することができるという画期的な脱毛方法があるのです。これについて今回はご紹介したいと思います。が、その前に、なぜ日焼けと脱毛の相性がよろしくないのかということについて、次のところでもう一度おさらいしておきたいと思います。

日焼けと脱毛の相性が悪い理由

これまでにもお話してきましたとおり、脱毛の手法というのは1種類や2種類ではありません。中には、ほとんどの人が経験したことがないような、かなり特殊な手法を用いる脱毛方法もあります。

ただ、あくまでも主流の方法、つまり、多くの女性が施術する脱毛方法となると、だいたい1~2種類に限られてくるという事情が、日焼けと脱毛の相性の悪さを助長している部分があります。すなわち、多くの人が利用する、より人気が高い脱毛方法が、ことごとく日焼けとの相性が悪いということになるのです。

その方法とは、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛です。おそらく、多くの女性が脱毛と聞けばこのどちらかの方法をイメージすることになると思います。そして、これらの脱毛を経験されたことがある女性はすでにご存知のことと思いますが、これらの脱毛を行う際には、日焼けはご法度とされてしまうのです。

もちろんそこには大きな理由があります。フラッシュ脱毛の際に照射するフラッシュ光にしても、レーザー脱毛の際に照射するレーザー光にしても、どちらもメラニンに反応して照射を行うというシステムを採用しているからです。ですから、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛の場合、もし日焼けした状態で施術を行えば、その瞬間大やけどを負わなければならないことになります。なぜなら、日焼けというのはメラニンの沈着によって起こるからです。

したがって、日焼けをしている状態では、多くの人が利用するフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の施術を行うことができないのです。

日焼けをしていても脱毛したい!

しかし、上でも触れたとおり、日焼けする時期だからこそ、肌の露出に合わせて脱毛をしたいというのが多くの女性の本音ということになるでしょう。日焼けをしていても脱毛をしたい!という気持ちは、多くの女性に共通するこころの叫びなのです。

そして実は、日焼けをしていても施術可能な脱毛方法があるのです。その方法とは、これまでにも再三お話してきたように、いろいろな肌の悩みに苦しめられている女性の救世主的な存在であった、ハイパースキン方式という手法を用いた脱毛方法です。

ハイパースキン方式なら、非常に怖いアトピー性皮膚炎や敏感肌に悩む女性であっても、脱毛の施術が可能な場合が多いと言われる、まさにハイパーな脱毛方法なのです。そして、日焼けをしている状態であっても、ハイパースキン方式での施術であれば、脱毛は可能になります。

ハイパースキン方式の場合、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のように、メラニンをめがけて光を照射するという方式ではないため、日焼けをしていても基本的には問題なく脱毛をすることが可能になります。

しかも、ハイパースキン方式は、肌への負担が非常に小さい脱毛方法として知られ、いろいろな肌トラブルを抱えた女性にも有効に作用します。ですから、日焼けをしている女性にも、この方法は非常におすすめな方法ということになるのです。

Copyright © 全身脱毛、おすすめの安いサロンの徹底比較!. All rights reserved.